私は販売の仕事をしていて、土日に休みがありません。
出会いの機会やデートの時間も思うようにとれないまま忙しく働いている間に、32歳を過ぎてしまいました。
母の友人がそんな私を心配してくれ、お見合いの話をいただいたのです。
もっとも、土日に休みを取るのは難しいので、よくある昼間のお見合いは無理です。
お会いできそうもないのでお断りしようとしたところ、夜でも大丈夫と快いお返事をいただいたのでお言葉に甘えることにしたのです。
指定されたのは麻布十番の駅でした。
母と二人で待ち合わせの時間に駅の改札を出ると、母の友人が待っていてくれました。
駅から歩いて5分ほどの場所にあるお店は、とても小粋で大人っぽいお店です。
お相手はお仕事で少し遅れるとのことです。
何だか申し訳ないなと思いましたが、先方から麻布十番かどわきを紹介されたそうで、このお店は日曜や祝日はお休みで夜の営業しかしていないから、時間はちょうどよかったのよと言われました。
その配慮にホッとしながら4名個室に通され、少し待つとお相手もいらっしゃいました。
初対面でしたが、かどわきの料理がいかに素晴らしいかなど気さくに話してくださり、そのお話以上に目の前に出てくる料理が素敵で美味しかったので、すっかり意気投合し、今ではお付き合いを始めています。