若い頃は全然いびきをかくことがなかったのですが、年齢を重ねる中で身体に変化が起きたのか、いつの頃からか毎夜のようにいびきをかいてしまうようになりました。
傍で寝ている家族が、私のいびきが気になって寝付けなかったり、夜中に起きてしまったりするほどのうるさいいびきだったので、私だけではなく家族もとても困りました。
それで、何とか解決したいと思って、玉川病院のいびき・睡眠呼吸障害センターに足を運ぶことにしたのです。
外来診療を受けに行ってみると、初回は色々と症状や生活状況についてヒアリングされました。
そして、症状をしっかりと把握するための検査を受けることになったのです。
検査の結果、睡眠時無呼吸症候群だと診断され、持続式陽圧呼吸療法での治療を受けることになりました。
鼻にマスクを装着することになるので、最初は違和感がありましたが、しだいに慣れて、いびきをかかずに快眠できるようになりました。
家族に迷惑をかけずに済むようになって、一安心です。
いびきをかかなくなってから睡眠の質も向上したようで、朝にスッキリ目覚めることができるようになったのも嬉しいです。
玉川病院を受診していなければ、今もいびきに悩んだままだったと思うので、適切な治療を行ってくれた玉川病院にはとても感謝しています。