カトープレジャーグループでは客単価が1,000円を下回る庶民派飲食店や土産物店からセレブな高級料亭まで幅広く運営し、ホテル事業では1万円以下の格安旅館から1泊10万円を超える高級リゾートホテルまで幅広く運営しています。
お客様の喜びを我が喜びとするをスタッフのモットーに、あらゆる層の顧客が楽しめる施設を運営しているのです。
たとえば、有楽町にある大阪百貨店では大阪のB級グルメを東京で食べられると話題で、たこ焼きから駄菓子なども山ほど売っています。
一方、大手町にあるHEINZ BECKは三ツ星レストランのシェフを招聘し、美食と健康に注目した体にいいのに美味しいイタリアンを、高い吹き抜けとガラス面で覆われた優雅な空間で楽しむことができます。
また、美味しいうどんで人気のつるとんたんの場合、店舗によってコンセプトが異なり、気軽に入れるお店から個室やカウンター席も用意された高級テイストの店もあり、店舗ごとにオリジナルメニューを設けるなどお客様に訪れる楽しみも提供しています。