ネイル業界の今後を考えると、サロンなどが衰退する事は考えにくいです。
世界中の国々を見ても分かるように、今はネイルサロンが無い国は無いくらいで、ネイルのケアやネイルアートなどは市民権を得ています。
女性が居る限り需要が見込める業界なので、世界に広く普及している今、日本でネイルサロンが無くなる事は考えられません。
店の入れ替わりは有ると思いますが、需要が減ることはまず無いと思われます。
ネイル関連の職業を考えた場合、ネイル業界の今後は明るいと言え、ネイルの技術が有れば仕事には困らないはずです。
ネイルは専門的な分野なので、美容関連の職に有る人なら誰でも出来る仕事では有りません。
ネイルに関しては、ネイルの専門家のネイリストが専売に近く、ネイリストとして仕事が出来るスキルを身につければ、それを活かしてずっと働いていけるはずです。
女性が働いて身を立てて行くのに良い職業です。
年配の方が不利と言う事も有りません。
同世代の若い女性からケアされるより、年上の女性からケアを受ける方が安心でしょう。
若い方でも十分活躍が出来ますし、年齢関係なく活躍しやすい仕事です。
ネイルが好きな方がネイリストになって身を立てる。
これは良い選択だと思います。